the Lost and Found

0
    Kaen写真展 始まりました

    3月26日(水)〜31日(月)
    11:00〜16:30 
    ※最終日は15:30まで


    ハレの日


    アメの日


    おいしい花束、届きました。
    (白菜・水菜レッド・コウタイ・サイターサイの菜花)

    長期お休み中

    0


       7月15日より来年の2月頃まで、産休+育児休の為匡画廊は長期のお休みをいただきます。

      単発の催しや行商、来春からの常設展、特別展等の日時詳細等々が決まりましたら、お知らせさせていただきます。

      今年の夏も暑さは厳しいようですが、皆さまもどうぞお身体を大事にお過ごし下さい!

      2013年 夏期の開廊日とお休みのご案内

      0

        常設展示
        「リトグラフ」  6月7日(木)〜7月14日(日)

         


         夏期も引き続きリトグラフの作品を展示します。
        匡四郎は作品の多くを木版画で制作しましたが、後年、リトグラフの作品を十数点
        制作しています。木版画の柔らかく力強いタッチに比べ筆跡やぼかした線がその
        まま現れる為、シャープなイメージに仕上がっています。
        小作品のEx-libris等はリトグラフの線画に手彩色をするなど作家の試みを感じら
        れます。

        -------------------------------------------------------------------------------------

        開廊日
        6月6日(木)〜7月14日(日)
        ※緑字の日(木〜日)

        6月
            日   月 火  水 木  金  土
                                 1
            2    3  4  5   6   7     ※ワルチングマチルダの日
             9  10 11 12 13 14 15
           16  17 18 19 20 21 22 ※ワルチングマチルダの日
           23  24 25 26 27 28 29
           30  ※30日苔玉ワークショップ  

         7月
            日  月  火  水 木  金  土
                  1  2    3   4   5  6
          7  8  9 10 11 12  13 ※ワルチングマチルダの日
         14 15 16 17 18 19  20  ※13,14日は小さな古本市 
         21 22 23 24 25 26  27
         28 29 30
            

        -------------------------------------------------------------------------------

        bonbon苔玉ワークショップ 
        6月30日(日) 13:30〜15:30

        お好きな苗と器を組み合わせてbonbon苔玉を作ります。

        参加費 : 2500円  (材料費+お茶菓子付き)
        持ち物 : はさみ、エプロン (汚れても良い格好でご参加下さい)
         講師  :  並木凡々斎 
                                  ※お申し込みは匡画廊まで
        -------------------------------------------------------------------------------

        小さな古本市やります 
        7月13日(土)14日(日)

        夏期最終日の2日間、ワルチングマチルダさんと一緒に古本市を開催します。
        小さな本棚ですが、お好きな一冊を見つけてください。

        ワルチングマチルダさんの行商日
         6月 8日(土) 22日(土)
         7月13日(土)

        -------------------------------------------------------------------------------

        お休みのお知らせ

        7月中旬〜10月中旬頃まで、お休みを
        いただきます。
        秋冬の展示、イベント等詳細は、どうそ
        画廊までお問合せ下さい。
        HPの方でもお知らせいたします。


        kaen 写真展 [ once upon a time ]

        0
           

                    始まりました!



          お庭や、ギャラリーの様々な場所に、kaenさんの小さな時間が
          ちりばめられています。

          ゆっくり見つけて下さいね。

          kaen HP 「おいしいはしあわせのことば

          2013年 春期の開廊日

          0

            常設展示 
            「 リトグラフ 」 


            版画の種類には様々あります。
            匡四郎は作品の多くを木版画で制作しましたが、後年、リトグラフの作品を十数点
            制作しています。木版画の柔らかく力強いタッチに比べ筆跡やぼかした線がその
            まま現れる為、シャープなイメージに仕上がっています。
            小作品のEx-libris等はリトグラフの線画に手彩色をするなど作家の試みを感じら
            れます。

            奥の展示室には、リハビリ中の油絵等を展示します。


            開廊日
            3月7日(木)〜5月18日(土)
            緑字の日(木〜日)


            3月
                日   月  火   水  木   金   土
                                   1   2
                3    4   5      7     8   ※ワルチングマチルダの日 
             10  11 12 13 14 15  16
             17  18 19 20 21 22  23 ※ワルチングマチルダの日
             24 25  26 27 28 29  30 ※ 「kaen写真展」
             31

            4月
                日  月  火   水  木   金   土
                   1   2   3    4   5      ※ワルチングマチルダの日
                 8  9 
            10  11  12  13
              
            14 15 16  17 18 19   20 ※ワルチングマチルダの日
              21 22 23 24 25  26  27
             
             28 29 30 

            5月
                日  月   火   水  木   金   土
                                 1   2    3    4   ※「loosen up展」 
               5
               6  7    8    9   10  11 ※ワルチングマチルダの日 
              12  13 14 15 16  17  18
              19 20 21  22 23  24  25 ※他展示のお手伝いの為、休廊
              26 27 28
              29  30 31

               


            2012-13年 冬期 「手刷りの葉書」

            0

               

              2012-13年 
              冬期 「手刷りの葉書」 12月6日(木)〜2月24日(日)
              ----------------------------------------------------------------------------

              「葉書」という小さな空間にも、送る人それぞれの伝えたいコトバが絵や文字や写真に現れます。
              匡四郎も版画家としての作品と共に、普段会えない友人、知人へ向けての年賀状を毎年制作して
              いました。


              手刷りの葉書は、線や色の重なりが一枚一枚違う風合いを出し、不思議と温度を感じられます。
              送られた方々も、作家の息吹きを感じられたのではないでしょうか。


              今も昔も、遠くはなれた友人からの手紙や葉書は嬉しいものです。
              それが本人の手仕事が感じられたら尚更。
              1950年〜70年代に刷られた年賀状を中心に展示します。


              -------------------------------------------------------------------------------------------

              冬期の開廊日
              緑字の日(木〜日)


              12月
                  日   月  火   水  木   金   土
                                          
                  2    3    4   5   6   7     8 ※ワルチング・マチルダの日 
                  9 
              10  11 12 13 14 15
                
              16 17  18 19 20 21 22
                  23 24 25 26 27 28 29 ※年末年始のお休み
                  30 31

               1月
                  日  月  火   水  木   金   土
                          1   2   3    4    5
                 6  7  8  9 
              10  11  12
                13 
              14 15 16  17  18  19
                 20 21 22 23 24 25  26 ※ワルチング・マチルダの日
                 27
               28 29 30  31 

              2月
                  日  月   火   水  木   金   土
                                              1    2
                  3    4   5   6  7    8    9
                 10
                 11  12  13 14 15 16
                17   18  19 20 21  22 23
                24
                 25  26 27 28   (展示替え)

                 
              緑の日(木〜日)は開廊日です。
              ※年末年始のお休み
                12月23日(日)〜1月9日(水)


                 
              ワルチング・マチルダ  
              冬期の行商は 12/8、1/26 のみです。

                   2月は冬眠・・・zzz


              2012 秋期 「クレパスの習作」

              0

                 

                秋期展示 「クレパスの習作」 9.6(the)-11.30(fri)

                作品を版木に掘り起こす前の下絵を、クレパスで色を重ね
                て完成させています。イメージが直接紙の上に流れていっ
                た習作(下絵)も作家の中で、一つの作品であることを感じ
                させます。


                秋期のおしらせ…
                -------------------------------------------------------------
                ・ 9月28日(金)〜30日(日) ネパールごはん リンカ

                ・ 10月5日(金)〜9日(火)  匡画廊企画展 『帽子と庭』

                ・ 毎月第2・4土曜日  waltzing matilda - 雑貨の行商 ときどき珈琲
                                                 <http://lapin-wm.hatenablog.com/>

                各詳細は順にお知らせいたします。

                  
                 開廊日 木〜日(日曜不定休)            赤字は休業日です。
                              11:00-16:30             
                 

                 9月
                   日  月   火  水  木   金   土
                                           1 
                  2
                    3   4   5   6  7  8    ※8日(土)ワルチングマチルダの日 
                  9
                 10 11 12 13 14 15 
                 16
                 17 18 19 20 21 22  ※22日(土)ワルチングマチルダの日
                 23 24 25 26 27 28 29   ※28日(金)〜30日(日)-リンカ・カレー
                 30
                                                             

                10月
                      月  火   水  木   金   土
                        1    2  3    4    5   6  ※5日(金)〜9日(火)-企画展「帽子と庭」
                   7    8   9 
                10 11 12 13  ※13日(土)ワルチングマチルダの日
                 14 15 16  17  18  19  20  ※14〜21日はお休みです。
                  21 
                22 23  24  25 26 27 ※27日(土)ワルチングマチルダの日
                 28 29 30 31                
                11月
                     月   火   水  木   金  土
                                          1   2   3
                      5   6   7    8    9  10   ※10日(土)ワルチングマチルダの日
                  11  12  13 14 15 16 17
                 18  19  20 21 22 23 24   ※24日(土)ワルチングマチルダの日
                 25  26  27 28 29 30                 

                注・秋期は常設展以外にいくつか催し物が入る為、開廊日の変動が多くあります!
                  ご不明なことなどございましたら、お電話にてお問合せ下さい。
                   


                      


                「Ex-Libris 蔵書票+豆本」

                0
                   

                  2012年・夏
                  6月1日(金)〜8月31日(金)

                  Ex-libris蔵書票についてー

                  まだ「本」というものが貴重だった頃、大切な蔵書に名前を入れる
                  習慣がありました。日本では蔵書印という持ち主の名前の入った
                  印を直接本に押印していました。
                  ヨーロッパでは、自分の好きな画家に名前入りの小さな絵札(今で
                  言う名前シール?)を依頼し、奥付の裏などに添付して収集すると
                  いう習慣があり、海を渡って日本でも版画愛好家によるEx-libris
                  の注文が増えたそうです。

                  そうなると、名前シールとはいえ本格的な画家たちの小世界。
                  川上澄夫や竹下夢二、武井武雄などの著名な作家たちも沢山
                  残し、小さな画集のようでした。
                  切手に通ずる、その小さな作品に魅了され、収集したり交換し
                  あったりするという文化も生まれました。
                  匡四郎の作品も、イタリアのEx-Libris美術館に収蔵されるなど
                  沢山の作品を残しています。

                  同時期から、友人と作り始めた豆本や版画集など、ひとつひとつ、
                  手で作られ編集された作品たちも一緒に展示しています。

                  「古い愛読書は、その表紙を見ただけで切ない程の懐かしさがある」

                  こんな風に、感じられる本がだれにでも1冊位はあると思います。
                  紙をめくって、絵を、言葉を、体感して記憶に残る、というのは、
                  やっぱり「本」というカタチだからじゃないかな、と感じるのですが・・・。


                  そして、匡画廊では常設展示のほかに、ギャラリーの一画に少しづつ
                  催し物や小さなお店がやってきます。

                  6月の後半から、毎月の第2、4土曜日を使って行商にきてくれるのは

                  ワルチング・マチルダさん。http://lapin-wm.hatenablog.com/
                  たぶん、面白いものがやってきますよ。
                  また近くになったらお知らせします!

                  営業時間
                  Open 木〜日(日曜日不定休)
                       11:00〜16:30

                  ※夏季の日曜日のお休みは  6月日、17日、7月1日、8日、8月5日、19日 です。
                               
                  7月1日(日)〜8日(日) は、一週間お休みをします。

                  「木版画の線」展

                  0
                     

                    木の香りを感じるギャラリーになりました。

                    春の展示は、木版画の「面」を重ねるイメージとはまた違う、
                    筆やペンで描いた様な、動きの感じられる作品を中心に
                    展示しました。

                    ー私は 一本の線で 
                      風も 季節も 感じる想いも
                      表現したいのです

                    生前、匡四郎が作品製作の中で知人につぶやいた言葉です。

                    一度、ひいた線の軌跡は消せません。
                    時間は元には戻らない。
                    でも、動いて進んではいるのですね。
                    つねに、新しい線が続いていく。
                    そういう沢山の線たちが、同じように時間の波にのっている気がします。
                    どんな線にしていくかは、一本のイキモノの気持ちと、
                    何本ものイキモノたちとのかかわり合いによって、表現されていくのでしょうか。







                    お知らせ

                    0
                       「シャツあります」

                      佐倉の何処かで、動き回って行きます。

                      たくさんのご来場、ありがとうございました。

                      loosen up さん、ありだとうございます。


                      11月より、匡画廊は少し場所を移動します。

                      歴史博物館のある城址公園のお堀近くの平屋です。

                      来年の春頃にopen予定ですので、またお知らせいたします。






                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:94 最後に更新した日:2016/11/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM