秋のおしらせ 企画展 「帽子と庭」

0

     



    かぶる人々に寄りそった limonata の帽子が匡画廊にやってきます。

    遊び心もありながら、その丁寧な仕事で作られた帽子たちは、かぶった人々をなんだか楽しくしてくれ
    ます。男性女性にかかわらず、様々な方々に愛されているlimonataの帽子。
    ひとつのカタチが出来るのに、生地選び一つ、角度一つ、作家の優しさが伝わります。

    長く一緒にいたくなる、そんな帽子を見つけてください。

    期間中は、吉川知江さん( limonata )と匡画廊に縁のある 陶芸家 estudio432 清水秀輝さんが、
    今回の展示の雰囲気にあった器を届けてくれます。柔らかい印象と、土の風合いを感じさせる清水さんの陶器は、ギャラリーでの時間にそっと花を添えてくれるでしょう。

    併設喫茶では、清水さんの器コーナーと、お茶やお菓子を提供させていただきます。

    画廊内壁では、秋期展示「クレパスの習作」展示しております。

    庭に秋の訪れを感じながら、どうぞゆっくりおくつろぎ下さい。


    吉川知江(よしかわちえ)

    77年富山県生まれ。大学で服飾デザインを学ぶ。
    会社勤務を経て、アルバイトをしながら、立体裁断を学び、独学で帽子をつくり始める。
    2003年からlimonata 名義で活動を始め、2006年頃まで都内shopにて服と帽子の販売を
    行うも、2005年頃から、受注販売を中心に活動をシフト。
    2009年4月、台東区谷中に、工房・ギャラリーやぶさいそうすけを開く。
    工房では、帽子のオーダーに加え、店舗・住宅用の布、衣装の制作など、お客様の要望を
    聞きながら、布に纏わる様々なものを提案、制作しています。
    ギャラリーでは、様々な展覧会やワークショップを企画しています。

    ゲスト
    estudio432 清水秀輝

    栃木県益子町で陶芸家として活動している。
    11月1日(木)~5日(月)益子秋の陶器市出展。







    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:95 最後に更新した日:2017/12/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM